PlatBox Projectでは、シミュレーション・プラットフォーム「PlatBox Simulator」、およびシミュレーション作成支援ツール「Component Builder」を開発・提供しています。 PlatBox Simulatorは、シミュレーションを「動かす」ことによって、社会を理解するための道具です。これに加えて、私たちは、シミュレーションを「つくる」過程も社会を理解する助けになると考えています。「Component Builder」は、そのような理解を助けるモデル作成支援ツールです。この「動かすことでわかる」と「つくることでわかる」という二つのアプローチによって複雑な社会を理解する――――そのための「新しい思考の道具」をつくることが、私たちの目指すゴールです。

PlatBox Simulatorは、Boxed Economy Projectによって開発されてきた「Boxed Economy Simulation Platform」(BESP)の発展版です。Boxed Economy Projectは、1999年から、社会・経済のモデル化を支援する道具立てについて考えてきました。その後、私たちが提案するモデル化の枠組みは、経済分野に限定されたものではないと考え、2005年にプロジェクト名を「PlatBox Project」に、ソフトウェアの名前を「PlatBox Simulator」に変更しました。



Download Pages



PlatBox News & Schedule

【Contact Us】〒252-8520 神奈川県藤沢市遠藤 5322
慶應義塾大学総合政策学部 井庭崇研究室 PlatBox Project